無限の集客を可能にする。集客が苦手な人の為のみんなの集客

集客を勉強してこなかった人へ集客の仕方、リピーターの作り方、売り上げの上げ方を教えます。

リストマーケティングからのプロダクトローンチ

プロダクトローンチ

プロダクトローンチ

 

http://directlink.jp/tracking/af/1462570/xWfgTSh1/

 

あなたは次の二つの出来事について
どのような問題意識をもちますか?

2012年。

株式会社サイバーエージェント
自社の展開するサービス、
Ameba (アメーバ)』ブログの
商用利用を禁止にしました。

商用利用が禁止されたことで
当時アメブロを使ってビジネスを
していた多くのアフィリエイターが
強制退去を余儀なくされたのです。

そしてつい先日、2015年2月12日。

流行りのyoutuberの一人、
シバターさんという方のアカウントが
Googleによって突然停止されました。

もちろんその瞬間、
収入の柱にしていた
youtubeの広告収入はそこで
完全に絶たれてしまったのです。


この二つの出来事から
導き出せる一つの真理は

「プラットフォームを握られている
ビジネスは地盤が弱い」

という事です。


ブログや動画投稿サイトのように
プラットフォームが握られている環境に
頼ってビジネスを展開していると、

商用利用を突然禁止にされたり、
突然アカウントが停止されたり、
何か予期せぬトラブルが起きた時に
どう対処することもできません。


それは何もオンラインに限ったことではなく
会社におんぶにだっこになっている状態も
全く同じ状況だと言えます。

会社という一つのプラットフォームに
依存している限り、状況的には
ご紹介した二つの事例と
何ら変わらないのです。


では今の時代は、
プラットフォームに頼らずに
生きていくことは不可能なのでしょうか?

いいえ、決して不可能ではありません。

「見込み客や顧客の
Eメールリストを持つ」

たったそれだけで、多くの人は
システム的にも、社会的にも、
プラットフォームに頼らずに
生きることができます。


ではプラットフォームに
頼らない生き方とは
一体どのような生き方かというと、

たとえば、新居に引っ越す場合。

前の自宅を売却するまで
数か月かかるのに、その前に
新しい家を購入しなければならない。
頭金は700万円も必要。

こんな状況になったとしても
何一つ焦る必要がない、
そんな生き方なのです。


ちなみにこの話は、
実際に顧客のEメールリストを使って
個人で莫大な売り上げを上げる手法

「プロダクトローンチ」を生み出した
ジェフ・ウォーカー自身の話です。

実際ジェフはこのあと、
「プロダクトローンチ」を実践し、
1週間で10万6000ドルの収益をあげ
頭金をあっさりと用意してしまいました。

今回ご紹介する新刊本「ザ・ローンチ」は
その「プロダクトローンチ」について
ジェフ本人が書き下ろした、渾身の一冊です。

これからインターネットマーケティング
取り組む方には間違いなく役立つ一冊ですので
この機会に是非、ご覧になってみてください。


http://directlink.jp/tracking/af/1462570/xWfgTSh1/

 



集客に必要なストーリーテリングの作り方

ストーリーブランド戦略

 

f:id:worldmarketcreators:20190711140857p:plain

ストーリーテリング

http://directlink.jp/tracking/af/1462570/u3ahApBF/

 

良い商品なのに
なんで売れないんだ…

あなたもそう思いませんか?

「少し考えます」
「検討します」

と言われたら
あぁ、またダメか…
という気分になりますよね。

その一方で、

「ウチより品質が悪いのに
 なんで売れているんだろう?」

と思うような商品って
ありませんか?

一体、何が違うのでしょうか?
↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1462570/u3ahApBF/

スティーブ・ジョブズの事例が
参考になるので
少し紹介しますね。

Appleから追放されたジョブズ

スティーブ・ジョブズ
ある日、会社を追い出されました。
(自分の作った会社なのに!)

原因はとあるプロジェクトの
失敗でした。

そのプロジェクトで作った商品は
かなり良い商品です。

なのに、全く売れませんでした…

そんなジョブズ
物語作りの天才が集まる
ピクサーで働く事になりました。

その中で、とある秘密を
知る事になりました。

この秘密は
何十年経った今でも
ピクサー映画を
世界中に大ヒットさせています。

そして、この秘密を知って
Appleに戻ったジョブズ
次々のヒット作を生み出しました。

一体、ジョブズが手に入れた
とある秘密とは
何なのか?

その正体は商品が売れる
「パターン」です。

ハリウッド映画などで使われる
売れるパターンを
商品に応用した事で
Appleは急成長を遂げました。

もしあなたが
商品が簡単に売れる
パターンを知りたいなら…

こちらをご覧ください。
↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1462570/u3ahApBF/

P.S.
商品が売れるパターンには
7つのステップがあります。

パイレーツ・オブ・カリビアン
スターウォーズなどは
この構成に沿って作られています。

そして、映画で使われている
構成を商品を売る事に
応用したものを今から紹介します。


ステップ1
主人公

商品やサービスではなく、
消費者を主人公にする。

つまり、消費者が問題を解決するための
お手伝いを商品で行います。

ステップ2
問題の特定

消費者が買うのは
外的問題に対する解決策ではなく、
内的問題の解決策である。

ステップ3
導き手の登場

消費者が求めているのは
もう1人の主人公ではなく、
導き手である

ステップ4
計画の提示

消費者が信頼するのは
計画を提示する導き手である。

ステップ5
行動喚起

行動を促されない限り
消費者は行動しない。

ステップ6
回避したい失敗

人間は悲しい結末を避けようとする。

ステップ7
成功する結末

商品やサービスの価値を
推測してもらおうとせず、
必ず言葉にして伝える

もしあなたが
押し売りする事なく
商品が売れるようになりたいなら…

こちらのページをご覧ください。
↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1462570/u3ahApBF/

集客に必要な、一生お客に困らない常連システムの作り方

http://directlink.jp/tracking/af/1462570/grH2Sdgs/

 

「このままでは、潰れてしまう…」



もしあなたが、自営業や中小企業の社長なら
こういった不安や悩みのタネは
尽きないのではないでしょうか?


それもそのはず。
中小企業というのは
常に倒産のリスクとの戦いです。


値引きをしないと商品は売れないし、
そうすると頑張っても頑張っても
なかなか利益が出ない。


しかし一方で、同じように
中小規模のビジネスを展開しながらも
順調に売上を伸ばし、利益を独占している、


いわば「一人勝ち」の会社が
存在するのも事実です。


彼らはいったい
何をやっているのでしょうか?


もちろん、中小規模の会社が
大手の会社と同じような戦略でビジネスを展開しても
上手く行くはずがありません。


中小企業には中小企業の戦い方があるのです。


それは、、、


不況や競争の激化でも儲かっている
小さな会社の戦略とは?




小さな会社が生き残るには、
“顧客との一対一の関係”が
作れるような方法を活用することです。


つまり”常連客を作る”ということです。


「でも、それってどうやってやるの??
難しくない??」
と思われるかもしれませんが


今日ご紹介する常連客を作る上で
大事な3つのキーワードを
覚えておけば安心です。


それがこちら↓

http://directlink.jp/tracking/af/1462570/grH2Sdgs/



常連客を生み出す
シンプルな公式 

?
================

1. 関心の共有を見出す

まず必要なのは、関心の共有
─あなたの日常と重なる部分─
を見出すことだ。

私が彼らとの間に築きたいのは、
人としての関わりだ。

だから私は、自分の日常生活や
関心のあること、経験したことや
イデアを分かち合う。

私がどんな人間で、
何をしようとしているのかを伝える。

すると彼らは、私と関心の共有を
見出すことができるのだ。


2. 空間の共有を作り出す

関心の共有も大事だが、
空間の共有も然りであり、

それを成し遂げるのは、
あなたが思っている以上に簡単だ。

スーパーマーケットを例にあげると、

自社ロゴ入りの保冷トートバッグを
買ってもらうのがいい。

それを買い物に来る際に
持参してもらうのだ。

バッグはパントリーのなかだったり、
ドアのそばにぶら下げてあるので、

ふだんからその店で買い物をするよう
かなり強く印象づけることができる。

ついでに、他の店に行こうという
思いも阻止できる。

これが顧客維持の戦略だ。
やり方は他にもある...


3. 配慮の共有を持つ

この方式に用いる最後のピースが
配慮の共有だ。

他者との関係は、
一方通行では育くめない。

あなたは、すべての顧客と
見込み客のために、

誠心誠意役に立つつもりで
いなければならない。

顧客が望む結果に至れるよう、
精一杯手を貸さなければならない

顧客は、あなたが金額以上の
配慮をしてくれるものと信じているのだ!

したがって、さまざまな形で
顧客への配慮を示せば示すほど、
顧客との絆も強くなる。

そして顧客は、より長い期間、
よりしっかりとあなたのビジネスを
応援してくれるし、紹介の頻度もあがるだろう

(本書より抜粋...)
================


常連客でいっぱいになれば、
いつでも安定的な売上や
利益を上げることができ、


倒産の不安や恐怖も
感じなくて済みます。


そして、このように顧客と
直接関係を作る方法は、


小回りの効かない大手企業は
マネをしたくてもできません。


今日ご紹介した
3段階で顧客を維持していく方法は
簡単にできますが、


意外とあなたのライバルも
やっていないことが
多いのではないでしょうか?


「もっとコツを知って
ライバルに圧倒的な差をつけたい!」


と思ったならこちらで
常連客を作るシステムを丸ごと
紹介しているので

ぜひチェックしてみてくださいね^^


ライバルに圧倒的差をつける
常連システムの作り方はこちら 


ありがとう平成・こんにちは令和 ~新元号初、おめでたい令和ラーメンで日本をもりあげたい~

三色ラーメン・つけ麺・油そば

麺屋だいず村田本店では

 

令和元年を記念いたしまして

ありがとう平成・こんにちは令和 ~新元号初、おめでたい令和ラーメンで日本をもりあげたい~と、いうことで♪

 

2019年4月末日まで

「令和らーめん」を発売します。

※赤字覚悟(汗)(; ・`д・´)

令和ラーメン宮城仙台のラーメン

令和ラーメン

【内容】

全部乗せ

(チャーシュー3枚・キャベツ・人参・もやし・スリムネギ・玉ねぎ・味付タマゴ・炙りネギ・焼きのり5枚)

 

大盛り、特盛り(まで同価格)

税込み1000円でご提供です!

 

 

 

この機会にぜひご来店くださいませ♪

 

麺屋だいず村田本店FB

https://www.facebook.com/MENYADAIZ/

Twitter

https://twitter.com/cmYQEFfwKDdHt5a

 

 

中小企業がやっちゃいけないチラシデザイン

f:id:worldmarketcreators:20170616214157j:image

 

ラインブログ更新しました。

 

中小企業がやっちゃいけないチラシのデザインの秘密を教えます

 

詳しくは下記からどうぞ

 

https://lineblog.me/japanlms/archives/489337.html

【保存版】初心者がアマゾンで電子書籍を無料で出版する方法まとめ

ども

 

最近、グローバル出版サイトを立ち上げたタカヒロです。

 

今回2冊目の電子書籍をアマゾンから発売したので、素人が自力で電子書籍を販売するためにはこんな段取り踏めばいいよってことをまとめてみました。

 

wp.me

 

私が発売した書籍はコチラ。

f:id:worldmarketcreators:20170301134541j:plain

一冊目「集客の科学」

2冊目「飲食店経営者が欲しがる、予約でいっぱいにする技術」

 2冊目は改訂版になります。

 

嬉しいことに、本書を参考にして、ぞくぞくと売り上げを上げている店が増えています。

f:id:worldmarketcreators:20170301140123j:plain

f:id:worldmarketcreators:20170301140138j:plain

 ちなみに、電子書籍販売は難しいものではありません。

 

ネットやパソコンがある程度できれば自力で出来ます。

 

今回私が立ち上げたグローバル出版は、その地力が難しい人に

表紙デザインやサポートを行うかたちにしました。

 

自力でAmazonから電子書籍を出版するのもいいし、

表紙のデザインや、サポートに興味があるな!という方は

私のフェイスブックページにでも直接ご連絡ください。

 

 アドバイスなど無料で行っております。

 

【期間限定】4日間、アマゾンで本の出版無料キャンペーンがスタートしました。

久々のブログ記事更新です。

f:id:worldmarketcreators:20161224194047j:plain

 

12月中旬で今マーケティングで関わっていた新潟のラーメン店の仕事がひと段落しました~♪

 

セミナー依頼がちょこちょこ入っているので

新潟にもまた来るのですが

 

スタッフがマーケティングひと段落ということで

送別会をしてくれました♪幸せw

 

スタッフにもマーケティングの仕方は

ほとんど教えたから

 

これからうまくやっていってくれることを

期待していますよ~☆

 

さて、今回のこの店の実績は、通常の売り上げ以外で

10月から始めたリストマーケティング結果は

10月初月23万ちょっと売り上げ。

11月は25万ちょいでした。

 

10月、11月は閑散期に入る店も多いですよね

ここのお店は夜の20時までしか営業していないので

 

リストマーケティングで売り上げも上がった半面

既存顧客以外の新規集客が出来ていなかったために

 

低い時は、3万円台まで下がってしまっていました。

 

なので12月あたまからチラシをまきました

あまり広告費にドカッと販促費をかけられなかったので

 

毎週1000部づつ配ることにしました。

 

個人宅と、集合住宅だと、一部折込で3円と

格安です。

 

チラシも、私のデザイン費用を除けば

ネットで今一番安いラクスルにお願いして

10日営業日以内の発送だと

 

一枚1.5円だったので

 

折込と、ラクスルで4.5円で済みました。

 

ちなみにチラシには集計しやすいように金券もつけてます。

 

利用する人、しない人もいますが

 

平日の集客人数が70名ぐらいだったのが

平日で100名を超すぐらいまで伸びました。

 

悪くない結果ですね(^^♪

 

このまま既存客のリピートをリストマーケティングでしながら

新規も集客していけば、倍々で売り上げは伸びていきます。

 

あとは、ある程度リストが集まったら

高単価の商品を店で売るか

 

予約で、通販するかですね。

 

私のみせだと、初めに銀行振り込みとか

してもらう流れにしてたりもするので

 

ラーメン屋だから・・・とか

定食や、飲み屋だからとか

 

小さい飲食店の経営者の人はよく

頭でっかちになりがちなんですが

 

とくに、無理なことってないので

 

心配せず、いろいろ試してみてほしいなと思います。

 

ちなみに、

2016年12月20日から

私の本がアマゾンで発売開始となりました

 

クリスマスイブを含めた4日間は

クリスマス無料キャンペーンを

実施しておいります。

 

1日の売り上げが1万円台とか

だいぶ下がってしまったところから

 

1日37万越えするまでのリアルな

方法や、行列を作る仕組みを

七日間で作れたりする特典も

惜しみなく書きました。

 

とくに、これをお読みの

独立から1~3年の起業家のあなたは

是非見てほしいなと思います。

 

www.amazon.co.jp