読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無限の集客を可能にする。集客が苦手な人の為のみんなの集客

集客を勉強してこなかった人へ集客の仕方、リピーターの作り方、売り上げの上げ方を教えます。

券売機で簡単に売り上げを上げる方法【みんなの集客】

【券売機で簡単に売り上げを上げる方法】

ども

 

リストマーケティングコーチ

たかひろです。

f:id:worldmarketcreators:20161011231439j:plain

 

 

券売機ってレジがない分、人手を使わないし

 

現金の管理も簡単だから

 

近年、利用している業態が増えています。

 

また、これから新しくラーメン屋を営業をされる方や

新しく店舗を増やす方など

券売機を導入される方は参考にしてみてくださいね。

 

今現在私が集客とマーケティングで関わっている

新潟県喜多方ラーメンのお店では

 

最初、売りたいメインのラーメンと、サブ的なラーメン

 

この境界線がしっかりしていなくて 

 

券売機に味の違いだけを書いてありました。

 

喜多方ラーメンは透き通ったスープが特徴なのですが

 

メインのラーメンには「とんこつ」と書いてあり

 

サブのラーメンには「醤油」と書いてありました。

 

客層はご年配が多く、

メインの説明に「とんこつ」と書いてあったがゆえに

ラメインのラーメンを購入した後に

 

とんこつだから、やはり醤油に変更してくれとの

 

意見が非常に多かったのです。

 

確かに「とんこつ」って言われると

 

なんだかコッテリした印象ですよね。

 

メインとサブの出数はだいた6割4割でした。

 

そこで、その店の店主さんに

 

「本当に売りたい商品はなんですか?」

 

と尋ねたところ、メインのラーメンとおっしゃったので

f:id:worldmarketcreators:20160920144908j:plain

 

売りたいメインの商品の上に人気順を付け加えました。

 

そうしたところオーダーが

 

メインが9割、醤油が1割に変わりました。

 

また高単価を狙わせるために

 

「夏バテ予防に」と、ネギチャーシューメンの上にもPOPを付け加えました。

 

この方法でだいぶネギチャーシューも出るようになり、ネギの千切りの仕込みが増えました。

 

だいたい券売機では、お客さんが目にする情報量が極端に低いので、こちら側でメッセージを作成して

 

誘導してあげると、売りたい商品が売れるようになります。

 

f:id:worldmarketcreators:20160920145458j:plain

 

サイドメニューを売りたいときも同じです。

上記写真では一番安い商品である「ラーメンと」

〇〇のセットで売ることに焦点を絞りました。

 

一度だけ、「お好きな麺類と」ってPOPに変えましたが

逆にお好きな麺類だと、売りの印象が強くいので

ご飯ものの出数が減ってしまう結果になってしまいました。

 

なので、ここのお店では「ラーメンと」にPOPを戻して

 

単価を上げることに成功しています。

 

あなたも、売りたい商品や季節ものなどの商品があるなら

 

今回の記事を参考になさってくださいね。

 

ちなみに人は左上から見る癖があるので

左上には全部のセなどの高単価の商品、または季節物をもってくると売り上げが上がりますよ!

 

f:id:worldmarketcreators:20160923180941j:image

簡単ですから、どうぞ試してみてください。

 

いますぐ売上アップしたい方は下記の記事を参考に!

http://minnnanosyuukyaku.hatenablog.com/entry/2016/11/25/015200