無限の集客を可能にする。集客が苦手な人の為のみんなの集客

集客を勉強してこなかった人へ集客の仕方、リピーターの作り方、売り上げの上げ方を教えます。

集客に必要なストーリーテリングの作り方

ストーリーブランド戦略

 

f:id:worldmarketcreators:20190711140857p:plain

ストーリーテリング

http://directlink.jp/tracking/af/1462570/u3ahApBF/

 

良い商品なのに
なんで売れないんだ…

あなたもそう思いませんか?

「少し考えます」
「検討します」

と言われたら
あぁ、またダメか…
という気分になりますよね。

その一方で、

「ウチより品質が悪いのに
 なんで売れているんだろう?」

と思うような商品って
ありませんか?

一体、何が違うのでしょうか?
↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1462570/u3ahApBF/

スティーブ・ジョブズの事例が
参考になるので
少し紹介しますね。

Appleから追放されたジョブズ

スティーブ・ジョブズ
ある日、会社を追い出されました。
(自分の作った会社なのに!)

原因はとあるプロジェクトの
失敗でした。

そのプロジェクトで作った商品は
かなり良い商品です。

なのに、全く売れませんでした…

そんなジョブズ
物語作りの天才が集まる
ピクサーで働く事になりました。

その中で、とある秘密を
知る事になりました。

この秘密は
何十年経った今でも
ピクサー映画を
世界中に大ヒットさせています。

そして、この秘密を知って
Appleに戻ったジョブズ
次々のヒット作を生み出しました。

一体、ジョブズが手に入れた
とある秘密とは
何なのか?

その正体は商品が売れる
「パターン」です。

ハリウッド映画などで使われる
売れるパターンを
商品に応用した事で
Appleは急成長を遂げました。

もしあなたが
商品が簡単に売れる
パターンを知りたいなら…

こちらをご覧ください。
↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1462570/u3ahApBF/

P.S.
商品が売れるパターンには
7つのステップがあります。

パイレーツ・オブ・カリビアン
スターウォーズなどは
この構成に沿って作られています。

そして、映画で使われている
構成を商品を売る事に
応用したものを今から紹介します。


ステップ1
主人公

商品やサービスではなく、
消費者を主人公にする。

つまり、消費者が問題を解決するための
お手伝いを商品で行います。

ステップ2
問題の特定

消費者が買うのは
外的問題に対する解決策ではなく、
内的問題の解決策である。

ステップ3
導き手の登場

消費者が求めているのは
もう1人の主人公ではなく、
導き手である

ステップ4
計画の提示

消費者が信頼するのは
計画を提示する導き手である。

ステップ5
行動喚起

行動を促されない限り
消費者は行動しない。

ステップ6
回避したい失敗

人間は悲しい結末を避けようとする。

ステップ7
成功する結末

商品やサービスの価値を
推測してもらおうとせず、
必ず言葉にして伝える

もしあなたが
押し売りする事なく
商品が売れるようになりたいなら…

こちらのページをご覧ください。
↓↓
http://directlink.jp/tracking/af/1462570/u3ahApBF/